愛知のプラスチック金型職人 YONEPURA KANAGATA

MENU
まずはお電話ください!
有限会社 ヨネプラ金型 0563-54-3534
会社案内

射出成形実績

小ロットの樹脂製品、
色違いの樹脂製品製作が可能

量産の時代でなくなりつつあるこの頃、

  1. どれほどの数がでるかわからないのに高い金型を起こすのに不安がある。
  2. 数がでる商品と数が出ない商品があり、数が出ない商品にはそこまで金型費用をかけたくない。
  3. 開発商品であり、市場に出してみないと量産になるかわからないが試作品としての数量の樹脂製品は欲しい。
  4. 金型費用を削減するために国外で樹脂製品を製作したが、思ったもの(外観・用途)ができてこない。
  5. 3Dプリンターや切削品で開発商品を製作したが、モニターに試してもらうためにもっと数量が欲しい。
  6. 同じ製品でも色違いの樹脂製品が製作したい。

少ロットの樹脂製品を希望されるお客様がこの頃では多くなってきており、お話を聴いてみると上記のようにそのお客様の困りごとは様々です。
私達は樹脂の量産品を長年に渡り製作し提供してまいりましたので、高価な量産金型を起こして樹脂製品を製作するなど数が出ない樹脂製品に採用したら、お客様にメリットはない!と考えておりましたので、はじめはそのようなお客様のご要望に対応していませんでした。
ところが、よくお話を聴かせていただくと、3Dプリンターで製作したが、1つ製作するのに時間がかかり過ぎて間に合わない、強度がなくて試せない、切削品の方が安かったので切削品で対応したが、試すうちに変更がでてきて金型を起こした方が安くなってしまった・・・

そのようなお話を聴くうちに成形設備のある当社で成形することを前提であれば量産金型ほどの作りをする必要はなく、切削やゴム型で製作するよりも費用がかからないのであればお客様のご要望を叶えてさしあげることができると小ロット製作品も製作していくようになりました。
簡易金型は長年の量産金型製作と成形経験があればこそわかるその作りに秘訣や工夫が必用です。
このような量産でない時代であってもお客様に望む数量の樹脂製品をご少しでも希望の形でご提供させていただけることに長年量産金型を製作し続けてきてよかったと感じております。
金型を起こしてもお客様が望むような品質がお客様の望む費用で製作できることでお客様には喜んでいただいております。

右は金属でできた刃物の部分を展示用に樹脂製品で製作して欲しいとの依頼に応えて製作したものです。 様々な会場で行われる展示会に運ぶ方から「ずいぶん楽になった」と言っていただきました。 営業セールスの方からも楽になったと評判が高いそうでうれしく思っております。

このページのトップへ▲